清里!麦草峠に行ってまいりました!!

2008. 9/7 by uta+hamahiro

行ってきました。ツーリングわーい(嬉しい顔)
今回は清里。
集合場所は 中央高速「双葉」ってか・・
それって そこまでもツーリングでしょあせあせ(飛び散る汗)
180`ありますよたらーっ(汗)
で・・
とりあえず・・地元から参加の メンバーよね君と幕張で待ち合わせ。
そして、バイクはリターンの旧友。
(学生時代アルバイトを「プールの監視員」一緒にやった友達)
を誘い3台でスタート。
(幕張・6時40分集合・・双葉9時!はや〜あせあせ(飛び散る汗)

久々のよね君参加、後ろを走るのも久々でしたが やはり走りやすい。
慣れってすごいです手(チョキ)

しかしながら・・・
この日の私は 爆弾衝撃 を抱えておりまして・・・
ちょうどツー10日前・・持病の椎間板ヘルニアが悪化。
何もしていないのに・・動けなくなりました泣き顔
ツーの予定があったので、1週間で治したいと病院へ行って
電気あてて、とりあえず、痛み止め(常用のロキソニン)と痺れ止め、大量の鎮痛湿布。
で、コルセットでしっかり固めて1週間。

こんな状態で 行く方も行く方ですが^^;
そのままコルセットで固めて バイクにまたがったら 行けそうな気がしたのでいちゃいましたあせあせ
 
  3台で走っていると・・首都高速終盤で、kuwanoさんが横で手を振っています。
あら!と言うことで途中から4台に。
長距離が不安だったので とりあえず中央道「石川」で一旦休憩。
なんとなく 大丈夫な気がいっぱいしていたので 再度スタート。
給油で談合坂により、双葉を目指しました。

双葉到着9時ジャスト!
すばらしい走りです指でOK
と言いつつも・・すでに全員集合済み。

今日のメンバーは
てけさん・はまさん・たー3・kuwanoさん・ふみくん・よねくん・かきさん・uta
久しぶりの8台。多く感じます^^。
しかも 濃いあせあせ(飛び散る汗)

 

写真 スクリーンの色に惚れました !

写真  

写真 これって・・
バイクの色と合ってるから
いいんですよね〜。

utaの白バリじゃ・・・
無理だよな〜〜〜。

ってか・・ビキニカウルじゃ・・
違うでしょあせあせ


などど・・ことは進み。
早速諏訪方面へ
今回は(いつも)全くのおまかせ
なので どこをどう走ったのですか?ッて感じでしたが^^;

 

「中央高速双葉SA9:00出発   諏訪IC→R152→R299→R141清里→中央須玉IC 」

もともと、前日のお天気予報で、雨霧 が絶対降る事になっていたので、行程は早め早めです。
その中でも、141号にぶつかるまでの峠が超〜長い「フリー!」

uta的に、皆様には「どうぞお先に手(パー) 」コース。
しかし、長〜〜〜いあせあせ(飛び散る汗)
結局、皆様が先へ行かれたあと・・・
最後に後ろにいた ふみくんに「どうぞ〜」と譲ったあと・・
ふみくんが utaのペースでず〜っと前を走ってくれたの
寂しくなくとってもありがたかったのですが・・
ストレスにならなかったのか心配になりましたたらーっ(汗)
やっぱり、ホントに一人で走ったらもっと遅くなってたと思います。
なにげに前を走ってくれることで引っ張ってもらってる感がありました。
ま〜、141号の集合場所では、首が長くなっってしまった 人たちが
「もういくぞ〜〜〜!」と 愛?の鞭をくれましたあせあせ
どうも15分くらい待ったようでした(ウッシッシ はは
お昼は 決めていたおそば屋さんにて食し、
すでに折り返し・・・。
食後すぐに雷雨雷霧
カッパを着込んで少々走り、晴れてきたから脱いで。
高速あがって 双葉で休憩して 
また走って 雨霧 で カッパ着込んで・・・。
空はどう見ても・・・降る 状態。
 


八王子を過ぎたら とうとう来てしまった・・どす黒い空。
雨粒が一気に身体に当たってくる感じで 路側にバイクを止めてカッパ。
雷雷雷シールドを開けてても閉めてても前が見えません。
こんな時に やっぱり よね君はすごい!
よねくんのテールランプだけ見てすり抜けしてました^^;
首都高速「高井戸」で休憩しましたが、もの凄い雷雨は終わりそうになかったので、そのままスタート。
首都高速はすり抜けすることなく、ちょっとの渋滞にははまりましたが
京葉道路へ入り 雨もやみ 
拳を作ると、グローブからしたたり落ちる雨を乾かしながら走り
幕張Pで最後の解散となりました。

家にたどり着く ちょっと前から雷雨で降られ また濡れてしまいましたが、無事に到着。

翌日の今日。仕事をお休みにしておいたのは正解のようで・・・
しっかり 腰が抜け落ちてますげっそり

みんなで走るツーリングはいつも思い出が増えて楽しいです。
 

 

ではまた次回〜♪

   

BACK

   
         

Copyright (c)  SPEED-KING. All Rights Reserved.