■□ 志賀高原ツーリング 2006年9月3日 □■

 

 早朝。。。    

集合です!!朝早いです。7:30に高坂SAです。
通常それほど遅刻者が少なくないSPEED-KING
ですが、今日は違います。
集合場所が遠くて時間も早かったせいか、
みんな気合が違います。予定よりも早く
出発できました。
 

今回幹事(代行)のてけてけさん。
ルート確認して沼田ICを目指します。
 
 関越!GO!!!    
 

天気は晴れ!!道も空いてて気持ちいーーー
快調にスタートです。
 

 

ひえぇぇぇぇぇ。。。今回はミスショットばかり。。。
カメラの持ち方が悪かったのかな。。
次回はがんばります!
 

というわけで、ずばーっと約100kmを走破して
一般道に突入です。天気、気温は最高!
車も比較的少なくてラッキーです!
 良い道多数    

適当なところで給油を済ませ、  

おおお!!キターーーー!!
緩やかなクネクネ道の連続、良い景色の連続!
御日柄も良く最高に気持ちの良い道に突入です。
 

どうやら上信越ふるさと街道というところを走っていたようです。観光名所が多数あるようです。  
 休憩。    
 

道の駅で休憩です。
六合と書いて「くに」と読むようです。
 

朝の集まりの良さから余裕があるので
和やかに休憩です。
やはり、早起きは三文の徳です。
車も少ないし。
 

こうやって見るとなかなかの台数です。
距離も適度だったので久しぶりにツーリング
らしいツーリングです。
 ちょっと早めの昼食    
さぁぁて!ちょっと早めに昼食です。
目的地にはあまり食事が摂れるところが無いとの
情報を元に、早めに食って目的地を目指します。
 
もちろん!!昼飯屋さんは3つほど注文していましたが「足りない」とか叫びながら暴れていました。
怒り出すと背ビレから放射能が出るので危険です。
 
あまりに足らなくて怒りが頂点に達した昼飯屋さんは、何を思ったか隣のYoneyamaさんお腕毛を食べていました。
何故か身をゆだねるYoneさん。。。
 
 最高の景色!    
 

さてさて、目的地に向けて出発です。
ココからはすばらしい道の連続。
来れなかった方々、申し訳ありません!!
とにかく最高でした。
 

乗鞍が通行止めとなった今、関東圏からの
ツーリングコースとしては最高ではないかと
思えるほどの美しい景色。
岩場からは硫黄?でしょうか?
かなり刺激臭が襲うものの一時的なので問題なし。
それよりも風が気持ちよい。
 

道の曲がり具合も最高です。
緩やかなコーナリングを楽しみながら絶景を堪能。
  季節も今がちょうど良いでしょう。
おそらく10月になると寒いと思われます。
高原の風は走っていて気持ちよかったです。
  このまま1日中走っていたい気分。。。
  おお!なにやら他の山とは違う肌の山が出現。
行き先はココかな??
 到着!!    
着きました!
しかしそこに待ち受けていたのは!!登山!!!
うーん、ちょっと迷うもののせっかく来たのだからと
ブーツのまま高原の花を観賞しながら登ること
約15分!
 
 
なんという絶景。コレは一体なんなんだ??

白根山は那須火山帯に属する標高2160mの活火山。山頂には神秘的なエメラルドグリーンの水をたたえる湯釜、水釜、涸(から)釜の3つの火口湖があります。
とのこと。凄い。とにかく神秘的な色とロケーションに感激でした。
 
んで、記念撮影です。  
んで、掴んでいます。  
んで、掴んでいます。

最近、片手では難しくなってきました。

 
 さーて、帰るぞ!    
 

さてさて、帰るぞ!ということで出発です。
こんなにキレイな道も通りながら。。。ですが!!
一般道に出ると渋滞こそしていないものの
ペースがノロノロで眠い!!!!
 

これは辛い!と堪らずドライブインらしきところで
休憩です。当然のごとく試食コーナーで
饅頭などを食い漁り、水分を補給して出発!
 

が、しかし!やはりペースが上がらず眠いのなんの
再度休憩。。。
渋川伊香保ICが遠く感じる。。。
  高速に乗るとまさに水を得た魚!
ズバーーーーっと高坂SAに到着。
マッタリ休憩。。。Zzz。。。
と、ココで奇跡的な出来事が!!!!!!
  なんと!!KUWANOさん夫妻が!!
偶然にしては出来すぎです。一応「もしかしたら」
とは思っていたそうですがそれにしても強烈な偶然
に驚きました。
 お疲れ様でした!


先導していただいた てけてけさん、たー3さん、ありがとうございました。
おかげで楽しく走ることが出来ました!かなり色々なところに出没しているSPEED-KINGですが
またひとつ良いルートが出来ました。また行きましょう!!次回はもう少し奥まで!!
来月もまた楽しく走りましょう!
 
 走行距離 横浜より520キロ
     

hamahiro


 BACK

Copyright (c) 2005 SPEED-KING. All Rights Reserved.